スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽器の事 その3

 よく鳴るベースと言う話を聞きますが、よく鳴るとは果たしてどのような事を言うのでしょうか?そしてそれを維持する事とは?

 ちなみに、僕の所有している楽器は、どれもよく鳴ります(笑)前にも少し書きましたが、最近は、購入時点ですでによく鳴っている状態の楽器が多くなってきました。もちろんビルダーの努力と研究の結果だと思いますが、それを購入したユーザーがその鳴りを維持出来るかというとかなり厳しい物です。
 この楽器よく鳴ってますね!と言われると嬉しいもんです。しっかり響いてサスティンがあり、音抜けもよく、メリハリがあって輪郭もある、そんな状態が鳴っているって言う感覚かも知れません。人によって好みが違いますから、やたらギンギンでビンビンする感じが鳴っているという人もいますし、こもり気味でもサスティンがあり音抜けがいいというのもあります。やはりサスティンは、ないよりある方がいいですよね!音切れは自分のミュートテクニックですから、まずは音の延びは確保したいです。もちろん、弾き方が大きく影響します!

 鳴らし続ける事は、鳴るように引き続ける事だと思います。しっかりとしたピッキング(強いだけではない)や、弦の振動をしっかり止めるグリップ(強く押さえるだけではない)が、トレーニングによってできていきますが、微妙なバランスで楽器の鳴りを確保出来るもの確かです。もちろん弦にもよりますし、弦がすぐに死んでしまうような体質の人もいますし、この辺はコーティング弦によってかなり解消されてきましたが、根本的なところで、楽器の鳴りを確保する為には、やはり弾き込んで木の繊維に響きを覚えさせる事と楽器の乾きにも関係しています。
また、同じ楽器をずっと毎日引き続けるのもいいですが、少しぐらい休憩させることも必要ですね!

 楽器は、プレイする時は思いっきり弾き倒して、プレイしていない時は、しっかりケアして大切にしたいですね!楽器は、自分の身体と同じです!

soulty403
スポンサーサイト

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

My Bass 紹介

JazzBass2
 長く演奏生活していると、いろいろな楽器に出会います。近年は、腰を悪くしたので(職業病?笑)レッスン先にいろいろ楽器を置いています。そんなベース紹介します。写真は、前にBlogで書きました僕が30年以上使っているFenderJazzBassです。

SoultyStudioWebSiteのアルバムのSoulty Bassで紹介していますので、見てください!まあだまだアップする予定なので、また報告します。

http://web.me.com/soultymac/

My Bassのコメント頂ければ、うれしいです。

soulty403

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

楽器の事 その2

 世の中には、沢山のベースがあります、また沢山のビルダー(楽器製造メーカー)もあります。でも、なぜかフェンダーモデルがとてつもなく多いですね!プレベやジャズベは、やはりエレクトリックベースの原点ですね!いまだにジャズベスタイルがいい人にとっては、いいんですよねえ!当の僕も1972年ぐらいのジャズベを持っています。二十歳ぐらいに手に入れて、今迄ずっと使って来ました。当初手に入れてから8年ぐらいは、フレットありの市販ベースは、ジャズベのみでした。4弦ジャズベはやはり究極のベースかもです。
 このジャズベは、弾けば弾くほどよく鳴って来ました。もちろん始めは弾きこなす事は出来ませんでしたが、今ではフレットがだいぶ減ってきました、でも良く鳴ります!!!(自慢、笑)

 今では、いろんな楽器を持っていますが、やはりジャズベはいいですね!

soulty403

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

楽器の事

 レッスンで、生徒が持ってくる楽器はいろいろですが、僕は一番初めのレッスンで生徒の楽器をチェックします。

 ポイントは、まずネックの反りと弦高で弾ける状態あるかを見ます。とんでもなく逆反りしているものは、演奏不可能ですから時間があればその場で直せるものは直します。弦高も同じですが、反りと弦高は密接な関係なので注意してチェックしますが、トラスロッドを回すのにネックを外さなければならないものは、時間がかかりすぎるので購入店でチェックしてもらうよに指導します。基本的に僕がチェックして直せるものは直すという考えです。なので、僕のカバンにはいつも調整用の道具が入っています。もちろんミリとインチ両方ですが、そのためにカバンは重い(笑)

 生徒はいろいろですから、年齢も男女も手の大きさも一人一人違うので、その生徒さんにあったセッティングをしてあげるように努力しています。

 なぜかと考えた時、別にそれで別料金を貰う訳ではありませんが(笑)、セッティングによって音の出方が変わるので、生徒の弾いた音のビリつきや音の延びが、本人の問題なのかセッティングのためにそうなるのかが、わかりにくいならば指導上で注意したことが、生徒に対して不本意な指導になったり、無駄な時間を使ってしまうこともあるからです。

 ベースのネックの状態は、真直ぐがいいとはかぎりません!その人のプレイスタイルにあったセッティングをするのがいいと思います。
 もちろん初心者は、プレイスタイルがまだありません!しっかりした響きのある音を出せるようになるよう指導したいものです。

soulty403

テーマ : レッスン
ジャンル : 音楽

プロフィール

soulty403

Author:soulty403
塩崎 裕
   (シオザキ ユタカ)
ミュージシャン経験40年
   (E.Bass、F.Bass)
指導経験35年
   (専門学校等)
音楽制作30年
   (自己のスタジオ
     Soulty Studio)
以上の経験から来るノウハウを提供します。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
あなたは、
検索フォーム
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。