FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しむこと!楽しませること!楽しんでもらうこと!(その4)

 さて、指導者側の立場とペースで、考えた時に自らが「楽しむこと」、生徒に対して指導者の技術やノウハウで「楽しませること」が可能なら、生徒側に立って「楽しんでもらうこと」は、どう考えればよいのでしょうか?

 前回に、コミュニケーションが大切なことはお話ししました。また生徒の状況を把握して、適切な指導をして、その結果「楽しむ」に繋がって行くことをお話ししました。このことは、あくまでも指導者側からの考え方ですが、「楽しんでもらう」は、生徒側のペースで指導することを考えるレッスンで、その中にはサービス精神の要素が入ります。
 この考え方は、単科の音楽教室の指導によく見られます。生徒の望んでいることが、苦しく厳しいレッスンではなく、どちらかと言うと「楽に、上手くなりたい!」という生徒が多いようです。かと言って不真面目ということではなく、普段は仕事をしていて週末に前からやってみたいと思っていた楽器を、弾けるようになりたい!でも、そんなに毎日沢山の時間を使って練習することはできない。或は、学校が忙しいけど流行っている曲を弾けるようになりたいなど、専門学校や音楽大学のように毎日音楽漬けで、必死になって練習や勉強をするということではないような場合、レッスンに来ることがストレスになってはいけません。
 要するに「楽しんで」うまくなりたいということになり、指導者側から考えると「楽しんでもらう」ためのレッスンを展開しなければならないということになります。

 使う言葉も選ぶ必要があります。前回も少し書きましたが、グループレッスンで隣りどうし比べて、「Aさんが出来ているのに、Bさんはなぜ出来ないんですか?」とか、「へたくそですね」とか、「むいてないです」とか、「素質がないですね」とか、「ちょっと無理ですね」など、このような言葉は絶対に使えないです!もちろん、出来ないから習いに来ている訳で、始めての楽器を1から教えてもらいに来たのに、「無理です」というのは、指導者自身の能力がないと言っているような物で、その指導者はプロフェッショナルではないといういうことになります。どんな状況にあっても、問題をなんとか解決してその生徒に合った方法を考えて指導して行かなければなりません。ペースはゆっくりかもしれませんが、少しずつでも上達していくなら、生徒も達成感があり充実したレッスン日となり次回を楽しみにして少しでも練習をしようと言う気になれます。ということは、「楽しんでもらえてる」ということになります。これは、ある意味でサービス精神であるとも言えます。
 またもう一つは、生徒は楽しんでうまくなりたいと思って、レッスンに月謝を払っているということを忘れてはならないということです。

 では、専門学校などでは、「楽しんでもらう」は、ないのでしょうか?

 答えは、『ある』です!

 もし、課題も沢山出され、レッスン自体も厳しく指導されて毎日の練習が、苦しいものであったとしても、その生徒のことを十分把握し、分析して悩みを解決し、将来自分がやって行きたいと思っていることにしっかり向かって行ってる実感を味わってもらえるなら、指導を受けていることに達成感と充実感を持つことができるので、「楽しんでもらえる」ということに繋がります。これは、プロフェッショナルレベルまで高める指導の中で、その生徒の持っている個人的な部分を、能力的に高めて行くことになるために、生徒側の立場で生徒が望んでいることを、指導してもらうことが含まれるからです。

 叱られることはあっても怒られることはない。「楽しむ」がレッスンの中のキーワードの一つになるなら、指導者も生徒も達成感と充実感を味わうことが出来る要素になるはずです。
 もちろん、そのためには指導者として音楽力とそれに対する研究と努力、それに加えて指導してく情熱が不可欠だと思います。

 指導者の皆さん「楽しむ」が、レッスンの中のキーワードの一つとなるような、指導をしていきたいものですね!


soulty403
スポンサーサイト

テーマ : レッスン
ジャンル : 音楽

プロフィール

soulty403

Author:soulty403
塩崎 裕
   (シオザキ ユタカ)
ミュージシャン経験40年
   (E.Bass、F.Bass)
指導経験35年
   (専門学校等)
音楽制作30年
   (自己のスタジオ
     Soulty Studio)
以上の経験から来るノウハウを提供します。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
あなたは、
検索フォーム
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。