FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての指導 その6

 初心者を教える時に大切なことは、生徒の気持ちを如何に感じ取れるかですね!自分ではなんでもないことが、生徒にとってとても難しく思える事も多々あります。

 教え始めた頃に思い付いた事は、どうすれば生徒の気持ちがわかるかということでした。そのころ僕自身は、数年に渡ってベースを演奏して来たし、練習もそれなりにはしてきたつもりでしたが、僕の場合ほぼ完全に独学でしたから、こうすれば弾けるようになるということが自分の体験で培って来たものを提供するということでした。
 自分ではできるのに生徒には出来ない。自分ではなんでもないことが生徒にはできない!・・・とは、どうゆうことか考えてみましたがなかなか思い付かず、結局出した結論は自分でも出来ない事をやってみることでした。
 初めてやることのシュミレーションをするには、ベースを左右逆に持って弾いてみることと、ピッキングは薬指・小指で弾いてみる。これが見事に初心者になれたではありませんか(笑)これを読んでいる指導者の皆さんも是非試してみてください。反対に持ってベースを弾くのはかなり厳しいです!
 この考えを導入してからは、生徒の気持ちが少しわかるようになったので、頭ごなしレッスンはしなくなったことは、レッスンに於ける指導者として自分が少しでも進歩したということですね!(もちろん、それから逆に持って弾く練習はしていません。逆持ちの初心者を維持する為ですけどね)

 最近は、頭ごなしに怒っても生徒は付いてきません。多少のプレッシャーをかけるのはよしといても、初心者を怒ってばかりのレッスンでは、生徒は離れて行きます。しかし、生徒の気持ちを分かってあげながら、きつい目のレッスンをするのはOKです。でもまずは生徒との信頼関係を作る事から始まり、徐々にしっかりした内容に仕向けて行くようにすると、生徒は、うまくなって行くものです。

 レッスンをする上で、生徒の気持ちを理解し、なぜ出来ないかを分析し、あるときは身を持って、その体験をすることで、教える手法が変わることを把握しておきたいものです。
これが、指導ノウハウに繋がるということです。

soulty403

スポンサーサイト

テーマ : レッスン
ジャンル : 音楽

コメント

非公開コメント

プロフィール

soulty403

Author:soulty403
塩崎 裕
   (シオザキ ユタカ)
ミュージシャン経験40年
   (E.Bass、F.Bass)
指導経験35年
   (専門学校等)
音楽制作30年
   (自己のスタジオ
     Soulty Studio)
以上の経験から来るノウハウを提供します。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
あなたは、
検索フォーム
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。