スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽力(トレーニング)

 トレーニングとは、果たして何を鍛えるのでしょうか?

 楽器を弾く為には、フィンガートレーニングをする話を前に書きましたが、それは楽器を弾く為の筋肉を鍛える事だと言う事は、分かってもらえると思います。
 その筋肉の中にも、速筋と遅筋とあり、瞬発力を発揮するには速筋を使い、持続力を発揮する為には遅筋を使います。
 ベースで考えると、インパクトのあるピッキングには瞬発力は必要なので、速筋を鍛えることが必要で、スラップも同じように瞬発力がものをいうので、速筋ですね!しかも『強い=速い』に等しい物があるので、速筋を鍛えて瞬発力を手に入れる事ができれば、ばか力を使わなくてもインパクトのある音は出せますよね!それに対して、左手のフィンガリングは、速筋も遅筋も使います。速いフレーズは弾きたければ当然指が速く動くことが必要です。ゆっくりとしたフレーズでも、同じ弦でレガートにプレイしたければ、早く押弦しなければなりませんので、これは速筋ですね!しっかりグリップしてビブラートを気持ちよくかけたければ弦を押し続ける必要がある為に遅筋を使いますし、レガートなフレーズには指のストレッチが必要になります。これも遅筋ということになりますね!特に指を動かす為の筋肉は腕の手首から肘までの筋肉ですから、沢山練習するとここの筋肉が筋肉疲労を起こして発熱します。もちろんベースを弾く為のフォームを考えると腕・肩の普段あまり使っていない筋肉を鍛えなければなりません!そして身体全身のバランスも大切ですから全身の筋肉を鍛える事になります(汗)

 いろいろな楽器を弾く為のトレーニングしていくのに、どの筋肉をどんなふうに鍛えるかを考えてみてもおもしろいですね!

soulty403
スポンサーサイト

テーマ : 音楽力
ジャンル : 音楽

コメント

非公開コメント

プロフィール

soulty403

Author:soulty403
塩崎 裕
   (シオザキ ユタカ)
ミュージシャン経験40年
   (E.Bass、F.Bass)
指導経験35年
   (専門学校等)
音楽制作30年
   (自己のスタジオ
     Soulty Studio)
以上の経験から来るノウハウを提供します。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
あなたは、
検索フォーム
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。