FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生徒への接し方(その3)

 「 褒める 」という教え方

辞書では
褒める:人のしたこと•行いをすぐれていると評価して、そのことを言う。

 昔ながらに考えると、如何に厳しく指導して、徹底的に叩き込んで体罰を与えてでも、できるようにする。なんていう事がまかり通っていた時代があったんですが・・・・

 今は、教える前に「私は褒められて伸びるタイプです。」とか勝手に言う生徒も居たりします(笑)

 これってどういうことなんでしょうね?「褒める」だけで生徒は上達するのでしょうか?
「褒める」為には、「褒める」為の要素が必要です。生徒がした事を分析しこちらの要求した事を満たす事ができたかどうかですが、そうなると何を与えたかが問題です。
「褒める」為の要素は、まずこちらが生徒の持っている能力を判断し、適切な課題を与え指導し、それに対する達成度の範囲を決め、実際に生徒が行った演奏を評価し、達成度が決めた範囲内か、或はそれ以上の時に初めて「褒める」ことができると思います。
 もちろんその場だけではなく、課題を与えて練習期間を要するものは、次回のレッスンまでの達成度という事になります。
 当然のことですが、上記のことが分かっている指導者を前提としますが、「褒める」の使い方を間違うと、生徒はあまり上達しません。
 達成度を常に高いところに位置付けてしまうと、駄目だしばかりで、「褒める」チャンスはありませんが、目標感として与えた課題のみの達成度の範囲を決めてあげれば、「褒める」チャンスができます。
 もちろん、この先がどうなってくか、何をしなければならないか、まだまだ最終的なところではないことも指導しなければなりません!

 この事から考えると、「褒める」ということが「甘やかす」では、よい指導にならないこと考えなければなりません。
 指導者として、「褒める」が甘くなると「楽」になってしまい、上達が遅くなることがあります。そうなると「褒める」前段階として多少「厳しい」もあるかもです!しかも、生徒にしてみれば、少し厳しい目から行くと、褒められたとき気持ちがいいもんです。
 この時に大切なことは、生徒の上達度をしっかり見極めて、本人も納得しているようでなければなりません。本人が納得していなくて、しかもできているかも分からないのに、「褒める」は、ないと思います。

 プロフェッショナルを目指している生徒には、「褒める」よりか「厳しく」指導して、あるレベルまで到達した時点で、「褒める」があるかもしれませんが、最終的なレベルを世の中に置きますから、「厳しく」は続くかもしれませんね(汗)でも、「褒める」というよりか、現在ここまで来ているという本人のレベルを伝えて目標感を持たせる事は必要です。
 反対に、プロフェッショナルを目指さないで、楽しく音楽を勉強したい、時間はあまりとれないとなると、1回1回のレッスンに達成感があり、本人のペースで楽しくレッスンできるよう心掛けなければなりません。到達レベルが決まってる訳ではないので、目標感を少しずつ先に置いて、達成感を感じてもらうと、「褒める」確率は高くなります。この場合でも本人が、納得出来るような指導でなければなりません。

 僕自身、昔は非常に「厳しい」指導をしていました。自分の勉強不足もあったと思いますが、長年のレッスン経験でかなりのノウハウも溜まり、指導する内容も充実し、指導手法もかなり多くの方法を研究してきたおかげで、近年頭ごなしに「怒る」ことなく、『叱り』ながらも、目標感を持たせ納得できる達成感を感じてもらえるようになってきました。
 僕の指導は、「褒める」ことをあまりしませんが、納得して充実感を味わってもらえると、それが言葉に出さなくても「褒める」に近い感覚で、満足してもらえてると思います。
 でも、まだまだ勉強すべきことは、あると思いますし、生徒が違えば接し方も変わりますから、研究していこうと思っています。

 指導者の皆さん、自信を持って「褒める」が、使える指導をしてください。

soulty403
スポンサーサイト

テーマ : 楽器指導
ジャンル : 音楽

コメント

非公開コメント

プロフィール

soulty403

Author:soulty403
塩崎 裕
   (シオザキ ユタカ)
ミュージシャン経験40年
   (E.Bass、F.Bass)
指導経験35年
   (専門学校等)
音楽制作30年
   (自己のスタジオ
     Soulty Studio)
以上の経験から来るノウハウを提供します。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
あなたは、
検索フォーム
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。