FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しむこと!楽しませること!楽しんでもらうこと!(その1)

音楽は、音を楽しむということですが・・・・
では、指導する中で「楽しむ」とはどういうことでしょうか?

 自分が、ライブなどで演奏する時に、やはり楽しんで演奏するのが基本ですが、お客様がいることがライブの前提ですから、単なる自己満足の演奏ではお客様に楽しんでもらえるかは分かりません。ほんとに自己満足のみならば、人前で演奏する必要はないでよね!
 少なくとも同じ時間を共有して、自分たちが楽しんで演奏したものはその気持ちも含めて伝わって行き、聞いている人達にとっても楽しく感じるものです。

 たとえば、笑えるものが楽しいだけでなく、非常に緊張感が高く、スリリングでドキドキする演奏も楽しんでもらえるはずだし、静寂の中で心温まるプレイでほっこりしてもらう演奏でもたのしんでもらえるはずです。緊張と緩和ですよね!

 そのためには、十分な練習と綿密な打ち合わせが必要かと思います。適当にしたものは、やはり適当でしかなく、もっと楽しめるはずなのに、もっと楽しんでもらえるはずなのにと、メニューを組み立てるわけです。
 もちろんMCなども、ネタを仕込まないより多少仕込んで置いた方が、スムーズに行くことが明らかにわかりますし、ミュージシャンによっては、そのMCを重要視している人もいます。

 もし、そのようなことを含めてライブをしたとき、すべてがうまくいき自分たちの充実感から来る満足度は、非常に楽しんだと言えます。そしてその感覚の中で普段にも増したアドレナリンをゲットし100%以上の演奏を可能とします。その緊張感は聞いている人にとっても楽しめるもので、ライブを見にきた期待感が満たされ、終わり頃には満足感となり、また聞きたくなるということになります。


 それでは、レッスンの時はどうでしょうか?レッスンの中に「楽しむ」ということがあるでしょうか?練習や学習などに追い込まれ、できないと怒られる!お金を払って苦しむのは、いやですよねえ(笑)
 ひと昔前なら、厳しい指導、苦しい練習、もないこともなかったですが、現状の多種多様化したレッスンに、来る生徒の感覚も様々なで、世の中ではストレスが多く、その中でも音楽をしたい、楽器が弾けるようになりたいと思う気持ちも様々です。
 しかも、多くのジャンルの中で、やってみたい音楽が複数に股がっていたり、途中で好きなジャンルが変わったりと考えると、何を教えていいのかわからなくなります。

 では、どのように考えれば、楽しむに繋がるのでしょうか?

 何回かに分けて、レッスンの中での「楽しむ」を考えて行きたいと思います。

 次回は、「楽しむこと」です。

soulty403
スポンサーサイト

テーマ : レッスン
ジャンル : 音楽

コメント

非公開コメント

プロフィール

soulty403

Author:soulty403
塩崎 裕
   (シオザキ ユタカ)
ミュージシャン経験40年
   (E.Bass、F.Bass)
指導経験35年
   (専門学校等)
音楽制作30年
   (自己のスタジオ
     Soulty Studio)
以上の経験から来るノウハウを提供します。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
あなたは、
検索フォーム
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。